夜行バスの旅行くなら誰と?

はじめての利用は友達や家族との利用がオススメ

どんなものも、初体験の際は何が起こるのか実際に体験してみないとわからないものです。そのため、初めての夜行バスの旅の相手が恋人だったりしますと、想定外の事が起こったことによって醜い面を露呈しまいかねないので、初乗車の相手は同性の友人や家族がおすすめです。具体的には、初めて乗ってみて自身が単距離移動だと酔わないものの長距離移動だと酔ってしまう体質であることがわかるような可能性があります。その際、バスの中で苦しんだりエチケット袋に嘔吐する姿は良いものではないはずで、相手の心が冷めさせてしまう要因になる可能性がありますのでリスクが高いと言えます。また、男性が旅をプロデュースする場合は、女性にとって夜行バスで困ることを分析したり、どんなタイプの夜行バスの利用かベストか探るためにも、一度もしくは複数回、夜行バス体験をまず友達や家族としておく方がおすすめです。

慣れてきたらカップル利用もあり

夜行バスに友達や家族と乗って旅に行ってみて、夜行バスの仕組みや良い点・悪い点をよく分析できた場合は、色々と気を遣う必要もあるカップルでの利用もおすすめです。ただし、シートのタイプにも色々なタイプがあり、タイプを間違えると失敗しかねないのでよく考える必要があります。具体的には自身が寝る時にいびきがうるさめだと周囲に指摘されている場合は、特に付き合う前の意中の女性と0泊の弾丸スキー旅に行くような際には3列式ではなく2列式の高級系シートのほうがおすすめです。ただし、乗るルートに2列シートのバスがない場合も多いので、その際は「3列独立シート」と「2列+1列」あたりが候補になってきます。その際も、行く相手との親密度によっては「2列+1列」型の2背は並んだシートを利用するのではなく、寝顔を互いに相手にみられる必要がないカーテン付きの3列独立タイプのバスの利用がおすすめです。