夜行バスぐっすり快眠するにはどうしたらいい?

まずはバス会社と座席選びをしっかり行う!

夜行バスでぐっすりと快眠できるかどうかは、本当に大切なことです。なぜなら、到着した後は仕事や観光に出かけるケースが多いです。このため夜ぐっすり眠れていなければ、その日はずっと眠いまま活動しなければなりません。
夜行バスで快眠するための大切なポイントは、まずは座席が広く、設備の整ったバス会社を選ぶ必要があります。バス会社はいろいろな所があり、中にはボロボロの窮屈なバスで運行している会社もあります。もしそのようなバスに乗車してしまったら、一晩中不快な思いをするかもしれません。したがって、公式サイトなどでバスの種類をチェックし、安心して眠れそうなバスの運行会社を選びましょう。
また座席についてですが、バスのタイヤの上部付近の席は揺れやすいと言われています。このため、中間付近や最後尾など、揺れの少ないところを選びましょう。

夜行バスで眠れるようにするためのポイント

夜行バスで眠れるようにするためには、準備しておきたいグッズがいくつかあります。まずはアイマスクです。夜行バスの社内は照明を消す場合がほとんどですが、スマホをいじっている人がいたり、対向車線のライトの光が入ってきたりして、明かりを感じてしまうケースが少なくありません。このような光の刺激を防ぐために、アイマスクはとても有効です。また、周囲の雑音対策として有効なのが、耳栓です。近くに複数人で乗車している団体さんがいると、その話し声がどうしても気になってしまいます。耳栓をして余計な雑音を耳に入れないようにすると、眠りにつきやすいです。また夜行バスに乗る日は、カフェインを取らないようにしましょう。カフェインは覚醒作用があり、8~14時間ぐらい効果が持続すると言われているので、要注意です。